ヒーリングタブ

ヒーリングタブでは、ひとかたまりになった「パーツ」ごとに、ポリゴンの修正作業を行います。
各パーツは修正対象リストに表示され、修正が必要かどうかをアイコンで確認できるようになっています。
修正の必要なパーツには問題のある部分が全て表示されるので、どのように修正すればよいかのヒントになります。

操作全般

マウスを左クリックすると、マウスカーソルの下にある要素が選択状態になります。
選択できる要素には、次の3種類があります。

・パーツ
ひとかたまりになったポリゴンです。
・オープンループ
閉じていないパーツの、穴や外周です。
・交線ループ
別のパーツと接続している(交わっている)ループです。

選択した要素は、修正対象リストと連動する仕組みになっています。
ビュー画面での選択要素は修正対象リストでもハイライト表示になり、逆に修正対象リストで選択した要素はビュー画面でもハイライトされます。

ShiftまたはCtrlキーを押しながらクリックすると、パーツに限り複数選択ができます。
また、左ボタンを押しながらドラッグすると、範囲内のパーツを選択します。
Ctrl+Aを押すと、全てのパーツを選択します。

選択した要素の形状によって、利用できるコマンドに違いが生じます。
何もない部分を左クリックするか、またはEscキーを押すと、未選択状態に戻ります。

表裏反転

キーボードショートカット:Rキー

選択されているパーツの表裏を反転します。

削除

キーボードショートカット:Dキー

選択されているパーツを削除します。

穴埋め

キーボードショートカット:Fキー

オープンループを埋めるようなポリゴンを自動作成します。

厚み付け

キーボードショートカット:Tキー

閉じていないパーツを表側と裏側にそれぞれオフセットし、閉じたパーツにします。

ダイアログで、厚さを指定し、厚み付けを行います。

縫い合わせ

キーボードショートカット:Zキー

パーツ同士、あるいはパーツ内部の微小な隙間を縫い合わせます。

何も選択されていない状態で縫い合わせを行う場合、縫い合わせたい部分をマウスドラッグで塗り潰します。
塗り潰した範囲に含まれる辺の中に縫い合わせ可能なものが含まれていた場合、それらを縫い合わせます。

パーツが選択されている状態で穴埋めを行う場合、パーツ内部の隙間およびパーツ同士の隙間(複数選択の時)を、全て縫い合わせます。

非多様体エッジが選択されている状態では、穴埋めは行えません。

オープンループが選択されている状態で穴埋めを行う場合、オープンループ内の隙間を全て縫い合わせます。

切り離し

キーボードショートカット:Bキー

交線ループを別のパーツから切り離します。
交線ループは、切り離されることでオープンループになります。
(画像では切り離し距離を強調して表示していますが、実際には微小な距離しか切り離されません。)

表示反転

キーボードショートカット:SPACEキー

選択パーツの表示ON/OFFを切り替えます。

ツリービューの目のアイコンアイコンをクリックしても表示ON/OFFを切り替えられます。

また、ツリービュー上部にある「全表示」ボタンで全てのパーツを表示、「全表示反転」ボタンで全てのパーツを表示反転が出来ます。

メッシュ簡略化

※ 本機能は「当日ライセンス」ではご利用になれません。「3ヶ月ライセンス」または「年間ライセンス」をご購入下さい。

キーボードショートカット:なし

簡略化したいパーツを選択し、「メッシュ簡略化」ボタンを押すと次のダイアログが表示されます。

メッシュ簡略化ダイアログ

ダイアログで簡略化の度合いを指定してOKを押すと、図のようにメッシュの簡略化処理が行われます。

パーツを結合

※ 本機能は「当日ライセンス」ではご利用になれません。「3ヶ月ライセンス」または「年間ライセンス」をご購入下さい。

キーボードショートカット:なし

いわゆるブーリアン演算です。結合したいパーツ(複数)を選択し、「パーツを結合」ボタンを押すと図のようにパーツが結合されます。

設定

ヒーリングの各種設定を行います。

近傍辺探索距離
縫い合わせ時に、縫い合わせ可能な隙間と判定される辺間隔を、0より大きな数値で指定します。
一部でもこの距離以内にある辺同士が縫い合わされます。
近傍辺許容角度
縫い合わせ時に、縫い合わせ可能な隙間と判定される辺同士の角度を、0より大きな数値で指定します。
近傍辺探索距離以内にあっても、この角度以上離れている辺は縫い合わされません。
一致トレランス
縫い合わせ処理を行うと、その部分が必要以上に細分化されることがあります。
細分化された頂点を1点にまとめる距離を、0より大きな数値で指定します。
特徴線エッジ強調表示をする
指定した角度以上のシャープなエッジを強調表示するかどうかを設定します。
特徴線エッジ角度
エッジに隣接する2つの面の法線ベクトルが何度以上の角度の時に特徴線とみなすか設定します。